【21世紀英語】「他人の目線が気になるし…

欧米人と話をしたりという機会は多いかもしれないが、フィリピン、インドなどのアジア系やメキシコの英語など、いかにも少し訛っている英語を聞き分けることも、不可欠な英語の技能の大切な条件なのです。
スピーキングする練習や英語文法の学習は、とりあえず繰り返しヒアリングの訓練を行った後で、いわゆる覚えることに固執せずに自然に英語に慣れるという方法を一番だと考えているのです。
英語の訓練は、スポーツのエクササイズと同じように、あなたが話すことができる中身に似たものを見い出して、聞いたまま口にしてみて繰り返すことが、最も肝心なのです。
もしも今このとき、ややこしい単語の暗記に悩んでいるのでしたら、直ちに中止して、本当に英語を話す人間の話す言葉を熱心に聞いてみてください。
ある有名な英語学校のTOEICテスト対策特別クラスは、全くの初級者から上級者まで、目標段階に応じて7種類に分かれています。ウィークポイントを徹底的に分析し得点アップに役立つ、最良の学習課題をカリキュラムに組みます。

どういうわけで日本の人たちは、英語での「Get up」や「Sit down」という言葉を、発音を区切って「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」と言う風な感じに発音するものなのか?こういった場合の発音は「ゲラッ(プ)」「セダン」と発するべきだろう。
「他人の目線が気になるし、外国人と会うだけでガチガチになってしまう」という、ほとんど日本人だけが所有する、このような2パターンの「メンタルな壁」を解除するだけで、英語そのものは造作なく使えるようになる。
ある英語学校は、「簡単な英語の会話なら話せるけど、本当に伝えたいことは自由に表現できない」という、英語経験者の英会話の課題を解決する英会話講座だと言われています。
わたしは有名な英単語学習ソフトを導入して、総じて2、3年程度の学習経験のみで、アメリカの大学院入試に通用するレベルのボキャブラリーを体得することが可能だった。
著名なロゼッタストーンは、日本語という母国語を用いないようにして、修得したい言葉のみの状態で、その国の言葉をマスターする、ダイナミック・イマージョンと呼ばれる手段を採用しているのです。

たくさんの外国人もコーヒーを楽しみに集まってくる、いわゆる英会話Cafeは、英語を勉強中だが訓練する場所がない人達と、英語で会話できる場所を模索する人が、共に楽しく話せるところです。
仕事上での初対面の挨拶というものは、その人のファーストインプレッションと結びつく大きなポイントなので、ぬかりなく自己紹介を英語でする際のポイントを一番目に理解しましょう。
いわゆる英会話を勉強するためには、アメリカであったり日本と似た島国であるイギリス、イギリス系の多いオーストラリアなどの生まれた時から英語を話している人や、英語を使った会話を、通常スピーキングしている人と多く会話することです。
YouTubeなどの動画共有サイトとか、辞書ツールとかtwitterやfacebookなどのSNSや、外国に行かなくても楽々と『英語シャワー』を浴び続ける環境が整えられて、ものすごく効率的に英語の習得ができる。
TOEICなどの英語能力テストで、高いレベルの成績を取る事を動機として英語学習している人と、自由に英語を話せるようにする目的で、英語の習得を目指している人では、概して英語力においてたしかな相違が生まれるものである。

CASEC(キャセック) – TOEICスコア・英検級の目安がすぐわかる英語テスト